BUSINESS

Macでwinmail.datファイルを開く一番簡単な方法

先日クライアントから送られてきた1通のメール。

添付されていたZIPデータを開いてみたら、「winmail.dat」というファイルが現れて、中身は真っ白。

もしかすると重要なデータかもしれないので、開く方法を探ってみた。

winmail.datって何?

私はMacユーザーだから、WindowsとMacの互換性の問題かと思ったら、それだけではなかった。

「winmail.dat」について調べてみると、どうやら送信者のメールソフトがoutlookで、受信者がoutlook以外のメールソフトを使っていると発生するエラーらしい。

私が普段使っているのはThunderbirdだから、上記のパターンに当てはまったのだろう。

解決方法は?

「winmail.dat」ファイルをMacで開くには、いくつか方法があるので、ご紹介します。

1. テキスト形式で再送信してもらう

そもそもエラーが起こる原因が、リッチテキスト形式(HTML)によるものなので、送信者に連絡して、テキスト形式で再送信してもらう方法です。
これは、送信者に手間をかけさせてしまうので、あまり良いアイデアでは無いですね。

2. Outlookで受信する

受信者側のメールソフトもOutlookで受信することで、問題なく見れるという方法です。
すでにOutlookを使っていれば、転送して見れば済むだけなので良いですが、一から設定するとなると、かなり面倒ですね。

3. Gmailで受信する

自分のGmailアカウントに転送して見るという方法です。
私が受信したデータはZIP形式だったので、Gmailで開いても、Thunderbirdと同じ結果でした。
受信データがZIP形式でなければ、見れるのかもしれません。

4. TNEF’s Enoughを使う

TNEF’s Enough」というアプリケーションをインストールする方法です。
英語サイトですが、設定方法を日本語で説明しているサイトがあり、こちらも良さそうですが、もっと簡単な方法があったらいいなと思いました。

一番簡単なオススメの解決方法

5. winmail.dat変換ツールを使う

色々試していく中で、ついに一番簡単な方法を見つけました!
それは、「winmail.dat変換ツール」を使う方法です。

1. まず、下のサイトにアクセスします。

winmail.dat変換ツール


そうすると、上のような画面が現れますので、

2. 変換したいファイルを選択して、「winmail.datを変換する」をクリックするだけです。

もう、本当に簡単すぎてビックリしました!

開発者の方もThunderbirdを使っていて、Outlookやフリーソフトをインストールするのが嫌で、WEB上にアップロードするだけでファイルを取り出せるシステムを作ったそうです。

セキュリティ面が心配

受信したファイルの中身が見れないだけに大事なデータかどうかもわからないのですが、セキュリティ面が不安ですよね。


一応、上の画像のようなプライバシーポリシーが設置されていて、お問い合わせメールもあったので、信頼して使ってみました。
すごく重要なデータを変換される方は自己責任でお願いします!

参考になったらシェアしてね!
↓ ↓ ↓